推進体制

燃料電池実用化推進協議会の活動推進体制

 会員企業の専門家によりワーキンググループ及びサブワーキンググループを構成し、燃料電池の実用化・普及に向けた幅広い活動を展開しています。

活動推進体制
<総  会>
協議会の全会員への事業活動の共有化と会員間の交流を図ります。
<理 事 会>
協議会の基本方針、事業を決定します。決算を承認します。国への提言等を審議します。
<監  事>
協議会の業務の実施状況、財産の状況を監査します。
<事務局>
協議会の組織運営に係わる事項を担当します。
<企画・運営委員会>
理事会で決定した方針に基づき、協議会の事業活動を総括します。
<FCV・水素インフラWG>
燃料電池自動車、水素供給インフラの実用化と普及に向けた諸課題について検討し、必要な施策、シナリオ等について提案するとともに、民間の連携や協調した取り組みを推進します。
(1)FCV‐SWG
 
(2)水素インフラSWG
 
<定置用WG>
定置用燃料電池の普及拡大に向けた導入支援策、本格普及を見据えたさらなるコスト低減や市場・用途拡大のための広範な技術課題等について提案するとともに、企業間の連携や協調した取り組みを推進します。
(1)家庭用SWG
 
(2)業務・産業用SWG
 
<要素・基盤技術WG>
将来の燃料電池・水素の広範な普及にむけて、PEFCやSOFC及び水素に関する要素・基盤技術に係る長期的課題について検討します。
(1)PEFC技術SWG
 
(2)SOFC技術SWG
 
<CO2フリー水素WG>
燃料電池による究極の環境性を引き出すCO2フリー水素を巡る諸課題について検討します。2050年のCO2排出削減目標に貢献するためのシナリオや必要な技術開発・実証等について検討し提言します。

燃料電池実用化推進協議会

TEL:03-5979-7355

FAX:03-3982-5101

〒170-0013

東京都豊島区東池袋3丁目13番2号

イムーブル・コジマ 2F

(財)新エネルギー財団事務所内

© Fuel Cell Commercialization Conference of Japan. All Rights Reserved.