推進体制

燃料電池実用化推進協議会の活動推進体制

 会員企業の専門家によりワーキンググループ及びサブワーキンググループを構成し、燃料電池の実用化・普及に向けた幅広い活動を展開しています。

活動推進体制
<総  会>
協議会の全会員への事業活動の共有化と会員間の交流を図ります。
<理 事 会>
協議会の基本方針、事業を決定します。決算を承認します。国への提言等を審議します。
<監  事>
協議会の業務の実施状況、財産の状況を監査します。
<事務局>
協議会の組織運営に係わる事項を担当します。
<企画・運営委員会>
理事会で決定した方針に基づき、協議会の事業活動を総括します。
<FCV・水素インフラWG>
燃料電池自動車、水素供給インフラの普及に向けた諸課題について検討し、そのために必要な施策、シナリオ等について提案していくとともに、民間の連携や協調した取り組みを推進します。
(1)普及戦略SWG
燃料電池自動車、水素供給インフラの導入・普及のシナリオ、戦略的方策並びに政策的広報を検討します。
(2)FCV課題SWG
燃料電池自動車の共通技術課題及び基準・標準化並びに規制の適正化等の進め方を検討します。
(3)インフラ課題SWG
水素供給インフラに係る技術開発課題及び実証、並びに規制適正化、標準化等の進め方を検討します。
<定置用WG>
定置用燃料電池の普及拡大に向けた導入支援策、本格普及期を見据えたさらなるコスト低減及び市場や用途拡大のための広範な技術課題について提案していくとともに、企業間の連携や協調した取り組みを推進します。
(1)普及促進SWG
定置用燃料電池の普及拡大にむけた導入支援策、補助金制度、政策的広報を検討します。
(2)定置用システムSWG
定置用燃料電池の更なる技術開発課題、普及促進に向けた基準・制度の適正化や系統連系に係る課題、リサイクル等の進め方を検討します。
<要素・基盤技術WG>
PEFCやSOFC及び水素に関する要素・基盤技術に係る課題、将来の燃料電池の広範な普及を目指した課題について検討します。
(1)PEFC技術SWG
PEFCを構成する材料の開発及び反応機構等の研究課題、今後の研究開発の方向性等について検討します。
(2)SOFC技術SWG
SOFCのセル構造や材料等に係る基盤研究の課題や今後の技術開発の進め方等を検討します。
(3)水素技術SWG
水素貯蔵材料や水素系のシステムを構成する材料並びに水素の物性等、水素に関連する基礎・基盤技術の研究開発課題について検討します。

燃料電池実用化推進協議会

TEL:03-5979-7355

FAX:03-3982-5101

〒170-0013

東京都豊島区東池袋3丁目13番2号

イムーブル・コジマ 2F

(財)新エネルギー財団事務所内

© Fuel Cell Commercialization Conference of Japan. All Rights Reserved.